IT・アパレル・外資障害者転職エージェント ハッピー

よくあるご質問(障害者採用)

よくあるご質問(障害者採用)

A面接官の目的は、その会社で活躍できるかどうかを判断することです。


入社後、活躍できるかどうかを判断する為、「面接官の聞きたいポイント」は3つあります。
ひとつは「何ができるか」ということ、もうひとつは「どれくらいできるか」ということです。
実際の面接場面でも「事務が出来ます」、「語学には自信があります」という抽象的な表現の方が多いですが、
事務がどれくらいできて、語学がどれくらいできるのかということを具体的に正確にお話されない方が多いです。

従って面接では、どの質問においても「何ができるか」「どれぐらいできるか」ということをセットで明確に話すことを意識して下さい。
三つ目は、体調についてのコンディション・自己受容です。就業できる体力、セルフケア、体調への自己洞察力、
自らの障害について第三者へ分かりやく説明出来るコミュニケーション能力等を選考判断にしてきます。

A社会性、ストレス耐性、自己受容、他責傾向、長期就業イメージ、対面印象、コミュニケーション能力、障害受容、体調(コンディション)、入社意欲、候補者のご性格との社風マッチです。

A面接後、面接官がフィットしそうな部署を探しますので、その材料として柔軟にスキルや過去の経験をお伝えすることを意識して下さい一方的な主張だけでなく、こういう仕事なら「こんな工夫をすれば出来るかもしれません」という建設的な意見をお伝え下さい。

A素直さ・誠実さです。障害者採用の面接官はノンバーバル(非言語)も評価しております。

また緊張して難しいかも知れませんが、笑顔を心掛けることで対面印象は良くなります。
笑顔を作ることで緊張緩和の脳内物質も発生致しますので効果大です。
ですから日頃から笑顔の練習をしましょう。精神障害者の方にとってはリハビリにもなります。
また、どんなに素晴らしい内容をお話していても、清潔感のない人とは「一緒に働きたい」とは思って頂けませんので、エチケットをご注意下さい。

A相手の目を見て話しづらいという方は鼻の下を見てください。鼻の下あたりを見ながら話しても目が合いますので、ご安心下さい。

A背筋を伸ばそうと意識するだけでは、最初の3分ぐらいしか持ちません。椅子には浅めに腰掛けて、足を引くと姿勢が良くなります。

Aゆっくり、いつもより口を大きく開けて話してみてください。

面接では緊張するため、口の動きがいつもより小さくなり、早くて弱い声になりがちです。口を大きく開けてゆっくり話すことを意識するだけで、いつもより声が大きくなります。口を大きく開けてゆっくり話すことを意識するだけで、いつもより声が大きくなります。

A緊張するのは面接に慣れていないからです。

緊張を解消していくには、たくさん面接の練習をする、たくさん面接を受ける、このふたつしか現実的には解消方法はないです。
このふたつを繰り返すことで、面接前の緊張がワクワクに変わって行きます。
これは人前で話すことが、苦手だったりすることを解消するにも有効な方法ですので、是非一度、お試し下さい。

A20分から30分程の性格適性検査もしくはリクルート社開発のSPI試験を実施する企業様が多いです。

どちらかというと選考に影響するのは性格適正検査の方が多く、SPI試験は参考程度の企業が多いのが特徴です。

A特例子会社は別として障害者向けの人事制度を設けている一般事業会社は、ほとんどございません。健常者の人事制度を運用している企業様が多いですので差異はないので、ご安心下さい。

Aこのような場面では希望条件を理性的に判断するよりも、どの企業で働くことが、自分にとって「一番楽しいか、一番ワクワクするか」というような直感を頼りにした判断を障害者転職エージェントとしては、お勧め致します。

一見、科学的ではないような気がしますが、意識化されている条件というのは、本質的に求めているものとは違うことが多く、最終的には理屈ではなく、感覚優位の判断をした方のほうが、納得感のあるキャリアを歩んでいる方が多いです。逆に理論優位で意思決定した方は、後々お悩みを抱えながら働いていく姿を見ております。またお一人で考え込まず、担当キャリアアドバイザー、ご家族、ご友人など第三者ともご相談することをお勧め致します。

A 障害者雇用では、上記頻度のお休みは許容範囲ですので、ご安心下さい。万一、お休みをしてしまっても、日頃から周囲の方と良好な人間関係があれば問題にはなりません。障害者求人の場合、会社側のスタンスとしては、一定の傷病休暇は想定内です。

A 自動更新とまではいかなくても契約更新・継続はされることが多いです。

障害者雇用は、長期就業前提での雇用になりますので、たとえ契約社員の場合であっても、通常の契約社員よりも雇用という観点では、手厚くなっているのが特徴です。但し勤怠不良や不適切な業務態度等の改善が見込まれない場合は契約更新されない場合もございます。また外資系企業ではヘットカウントの事情で止むを得ず、契約を更新されない場合もございます。但し、勤怠不良や不適切な業務態度等の改善が見込まれない場合は更新されない場合もございます。

A誰でも何らかしらの事情はあるのは自然です。逆に伝え辛いことがない方はおりません。

そういった場合でも事実をハッピー(障害者転職エージェント)までお伝えください。そのうえで応募企業に伝えるべき事情と、そうではない情報の整理を行わせて頂き、面接官に深い納得感を持ってもらえる適切なスクリプト(台本)を作らせて頂きますので、ご安心下さい。

Aほとんどの企業は自由書式です。稀に企業指定がございます。

A残念ながら企業の求めているスキル、経験を満たしていない、企業側の受け入れ体制の不整備、企業側の採用熱度の低さなどの可能性が考えられます。

そういった時は、理由にもよりますが、ご自身の希望条件の緩和、障害者転職・就職活動の延期、再度スキルや経験を積む時間を得るなど、上手く行かない時は、現実に抗わないでお時間を置くことを障害者転職エージェントととしてお勧め致します。

A前提、転職・就職活動は大きなエネルギーを使います。

内定という成果を求めるあまりに知らず知らずに疲労が溜まり、体調が悪くなれば本末転倒になるので疲れを感じた時は、勇気を出して活動ペースを調整下さい。