成功する転職理由の作り方 | 障害者転職エージェント ハッピー

成功する転職理由の作り方

成功する転職理由の作り方



転職へ至る動機付けには現職、前職で不平、不満があるのは当然です。そういったお気持ちがない場合は、転職という決断には至りません。但し、面接官へ会社を去ろうと思った理由をすべてお伝えしないで下さい。転職理由は、応募企業への転職によって解決されることのみ限定して下さい。さらに言えば、応募企業でもある程度想定されることや、現職、前職での不平、不満は言わない方が良い成果が得られます。まず面接官が気にするところは、「応募者が長期就業して頂けるか」というところです。その先に「入社後、活躍してくれるのか」というです。感情的な不平、不満からの転職理由は、精神的な幼さが原因と受け取られるケースがございますので、ご注意下さい。


例えば、「人間関係」に関することは、転職理由としてはNG回答の代表例です。「上司とうまが合わなかった」「同僚と良好な関係性が築けなかった」といったことは、現実には、どこの企業でもあり得ることです。そもそも全てが満たされた会社はございません。セクハラ、パワハラ、ブラック企業など、誰もが納得できる理由を除いて、転職理由に「人間関係」を持ち出すことは避けて下さい。そして転職活動の根本は「自分が理想としているキャリアや働き方と、現状とのギャップを埋めるための手段」という認識でいて下さい。そして転職理由は、「自分の理想とするキャリア、働き方を実現するためには、最適な場所ではなかった」という視点から作成下さい。


実際に例を挙げて見ましょう。「正社員になりたくて、その為に成果は出している。勤怠も安定していて、周囲との人間関係も良好。しかし、今の職場では、正社員登用制度がない。だから、今の会社を辞めさせて頂く」。これなら誰もが前向きな転職理由として受け止めてくれるでしょう。他の例として「長年希望する部署へ異動を希望しているが、そのポストの人員は全て埋まっしまっており異動のチャンスがない。だから、現在の会社を辞めさせて頂く。」このような転職理由も働く目的と合致している為、面接官にとっては納得感のあるものと受け取れます。


当然ですが、実現したいキャリア、働き方が応募企業に入社しても実現出来ないのであれば、その転職理由は不適切ですので、事前に応募企業の条件等を確認してから応募手続きをして下さい。また前職、現職で必ず不平、不満の解消に向けて主体的に行動したエピソードをお伝えして下さい。繰り返しますが、どこの企業でも不平、不安は起こる可能性がありますので、その問題解決に対する自主的な行動がない場合、転職者の主張の納得感は薄れますし、他責傾向があると判断されることもございますので、ご注意下さい。適切な行動を起こしたにも関わらず、事態が好転しない場合の転職については、必ず周囲は応援してくれます。