成功する志望動機の作り方 | 障害者転職エージェント ハッピー

成功する志望動機の作り方

01面接官が志望動機を聞く理由


面接官が志望動機から見極めるポイントは、

① 活躍できるのか、
② 長期就業してもらえるのか、

という2点です。

昨今、身体障害者・精神障害者の売り手市場が加速する中、
優秀な人材を採用する難易度が高いことは、
面接官自身も理解しております。

そういう状況下で応募してくれたこと自体は嬉しい反面、
「なぜ自社を選んだのか?」
そこに明確な動機や理由がなければ、
どんなに輝かしいご経歴の候補者でも面接官は、
何となく障害者転職エージェントに紹介されて面接へ来た、という印象が残り、すぐに辞めてしまうかもしれないというネガティブなことを想起してしまう可能性がございます。

逆に論理的な理由のもと、貴社に入社しなければならない明確な理由と熱い覚悟があれば、
すぐに辞めてしまうのではという可能性は、払拭されて人事の印象は前向きになり喜ばしい結果に繋がります。

02上手な志望理由の作り方


様々な成功する志望理由の作り方はあるので、
今回ご紹介させて頂くものは、あくまでも一例です。

前提、回答には論理的な発信と熱意、
このふたつが必要になってきます。

論理だけが先行しても面接官の心は掴めませんし、
逆に熱意だけでも論理的な発信がないと内定は頂けません。

大切なことは論理と熱意のバランスです。

今回ご紹介する「成功する志望動機の作り方」は、大きく分けて3つのステップがございます。

まずは、自らが働くうえでの軸となる目標を明らかにして下さい。

具体的には、「これから自分がどうなりたいか(自分軸)」という観点から働き方の軸を作ります。
ポイントは忖度抜きに、ご自身の本音ベースで作っていくことが大切です。

「長所を伸ばして、その道のエキスパートになりたい(自分軸)」

「今後も興味のある〇〇業界でキャリアを積みたい(自分軸)」

「社会貢献型の仕事をすることがワークモチベーション(自分軸)」
最初は大まかで大丈夫です。

なかなか浮かんで来ない場合は、紙に書き出す、言葉に出してみると、
ご自身の本音が整理されることもございます。
他の方にご相談することもひとつの方法かも知れません。

次に、面接を受ける会社がどんな業界で、その中でどんな強みを持っているのか考えて下さい。
業界でのポジション・主力商品・競合優位性・社風などといった、客観的な情報を収集して、
応募企業の強みや特徴を細かく見つけ出して下さい。

そして最後に、「自らの働く軸」と「応募企業の強み・特徴」が重なる点を見つけ出し、

「〇〇(自分軸)を実現するためには、△△(応募企業の強み・特徴)な企業でなければならないです」

「△△(応募企業の強み・特徴)である企業で働くことで、〇〇(自分軸)を実現出来ます」

とお伝えすることで、
深い納得感を持つ志望動機が出来上がります。

03志望動機の伝え方


まず、結論から話して下さい。

限られた時間の中で候補者がアピールしたい気持ちは分かりますが、
結論がぼやけたままの話が続くと、結局、何を伝えたいのかよくわからないと思われてしまいますので、
面接の場では、まず結論から話という癖を付けて下さい。


最初に「志望理由を教えて下さい」と伝えられたときは、
まずは「〇〇ですから、御社を志望致しました」と シンプルに切り出し、
その後に、「そのように考えるようになった背景を具体的に説明」して行くという順番で進めて下さい。


04まとめ


長々書きましたが、大切なことは今回転職することによって、
行き着くところ、現職・前職で抱いていた不平・不満の解消が目的です。
この原則を忘れずに志望動機を作りましょう。

また今回は「成功する志望動機」の一例をご紹介致しましたが、
先ほどもお伝えしたとおり、こちらはあくまでも一例です。

障害者の方によって様々な事情がございますので、回答に迷う際、お一人で悩まず、
担当キャリアアドバイザー迄、お気軽にご相談下さい。