障害者採用をお考えの企業様 | 障害者転職エージェント ハッピー

障害者採用をお考えの企業様


ハッピーが企業様に選ばれるつの理由


1

障害者採用のエキスパートが担当


障害者専門の人材紹介及び健常者領域を含めて数百名以上の支援実績がある者が担当させて頂きます。

このような豊富な経験がある担当者が高い当事者意識のもと貴社人事になったつもりで障害者採用を支援させて頂きます。

また本質的な視点を持ちながら、その場凌ぎではなく、長期就業に繋がるご支援をさせて頂いているのが特徴です。

業界トップレベルのエキスパートが、貴社障害者採用のロールモデルになるような人材をご紹介させて頂きます。


2

入社後の定着支援サービス


入社は、あくまでもスタートであり、定着、活躍がゴールとなりますが、長期就業を実現する為には、きめ細かい定着支援が必要になります。

具体的には、適切な合理的配慮の状況確認、体調不良アラームの早期察知、職場内外の人間関係の確認、キャリア相談などを定期的に行い、主に心理的安全性の確保と自己認知能力を高める働き掛けします。

多くの人事や管理者は日々の業務に追われ、このようなきめ細かい雇用管理を障害者をお持ちの社員へ取り組めていない為、本サービスが誕生致しました。



3

障害者採用代行サービス


貴社採用ステージに合わせた障害者採用代行サービスを提供しております。

初めての障害者採用で失敗したくない、採用活動に漠然と不安を抱えている、想うように採用活動が進んでいない、障害者採用をより強化していきたい。

このような企業ニーズに応えたサポートで、採用人材の定義、求人票などの書類作成、面接同席、他社障害者エージェントの管理、配属予定部署への入社前研修などをハッピーが全面的にサポートさせて頂きます。

定着支援サービスと共にリーズナブルな価格でのサービス提供ということも特徴です。

障害者採用担当の皆様へ

障害者転職エージェントとしての強みのひとつに定着率の高さがございます。

1年後の定着率は約90%となっております。
定着率が比較的高い転職エージェントで約70%。
ハローワーク経由は約50%です。

弊社が高い定着率を実現可能にしているのが、他社にはない弊社独自の障害者採用におけるナレッジとノウハウとなります。また、あまりご存知ないかもしませんが、障害者の方のひとつの企業での平均在籍期間は3年前後と言われています。もちろん、長期就業している方も多数いらっしゃいますが、現状、障害者採用は短期転職市場と言っても過言ではないでしょう。

弊社は、こうした課題に正面から向き合い、定着、活躍できる人材のご紹介、安定雇用に向けた質の高い情報提供をお約束させて頂きます。

是非、一度障害者採用でお困りのことがあれば、ご連絡をお待ち申し上げております。皆様にお目に掛かることを楽しみにしております。

代表 山口徳二

料金

成功報酬型・理論年収30%

<報酬の補足>
報酬は企業と採用決定者との間で合意した理論年収の30%とする。但し、別途消費税を加算する。
理論年収とは、採用決定者の月次給与・所定外労働手当の12箇月分及び理論上の通年賞与の他、
交通費以外の諸手当、報奨金及び一時金を合計した金額のことをいう。

報酬返還

1ヶ月以内の退職:80%
1ヶ月〜3ヶ月以内の退職:50%
3ヶ月〜6ヶ月以内の退職:10%

<返還規定の補足>
入社した求職者が就業開始後(入社日を起算日とする)、自己都合による退職もしくは、採用決定者の責による解雇(退職日もしくは解雇日を算定日とする)となった場合(以下「退社等」という)、ハッピーは企業の求めにより報酬の一部を上記各号のとおり返還する。但し、退社等が企業側の責に帰すべき事由に起因する場合はこの限りではない。

※障害者転職エージェントハッピー 人材紹介サービス契約書より

サービスの流れ


1 対面もしくはビデオ通話でのお打ち合わせを実施

・過去の障害者雇用実績の確認
・障害者採用に対する考え方をヒアリング
・ハッピー登録者属性の特徴を紹介
・成功している同業他社様の成功例について具体的なご紹介
・首都圏の障害者マーケットの平均年収を含めた市況感の説明
・障害者転職エージェントを利用するメリットについての説明


2 人材紹介基本サービス契約の締結

・貴社雛形もしくは弊社雛形での契約書雛形の利用決定
・報酬の料率及び理論年収定義についての説明
・一部外資系企業へ内定迄の稟議フローの詳細確認
・締結予定日の確認

3 求人票の作成

・障害者採用人数・採用納期の確認
・企業様の障害者採用ステージに合わせた採用ターゲットのアドバイス
・障害者採用ターゲットの明確化・言語化
・選考フローの詳細確認
・企業の強み・魅力についてのヒアリング
・契約社員募集の場合、正社員登用制度の有無・正社員登用実績の確認
・正社員等制度がある場合、登用プロセスの詳細ヒアリング


4 候補者様のご紹介

・企業様の障害者採用ターゲット(年齢・経験・能力等)に基づいた求職者の方を推薦
・候補者の転職決定要素(転職における優先順位)の共有
・候補者のご推薦
・面接日程調整の代行
・他社面接進捗状況についての共有

5 面接

・障害者採用の面接質問例を無料提供
・障害者採用と健常者の面接との相違点についての説明
・面接同席でアイスブレーカー役を担いながら議事録作成も無料で可能です。
(厳正な面接を行う為、面接中の発言等の介入はございませんので、ご安心下さい。面接を相互理解のより良い場にする為、黒子に徹しながらサポート致します)
・双方の深い納得感を醸成する選考活動にしていく為、面接終了後、求職者の方のご意向を含めた面接詳細フィードバックをメールにて企業様へ報告


6 内定

・内定通知書(労働条件通知書)をお預かりした後、候補者様に内定承諾をして頂けるように誠心誠意で意思回収を致します。
・内定通知書(労働条件通知書)以外で企業様からの評価点・お伝えしたい点があれば企業様に変わり、求職者の方へお伝えさせて頂きます。

人事の方からのFAQ

1 登録属性・転職マーケットについての質問
Q:障害者雇用の年収相場は、おいくらなのでしょうか。

A:企業によって変わりますが、平均すると年収300万円~400万円位での決定が多いです。


Q:軽度の身体障害者の方の絶対数は少ないということは事実なのでしょうか。

A:はい、現在登録者の80%は精神障害保健福祉手帳をお持ちの方となっております。また身体障害者の方のご登録年齢層は40代以上が中心です。今後、安定した障害者雇用率の確保の為には、精神障害の方の採用は避けて通れないです。


Q:障害者転職エージェントハッピーの登録者の障害内容や平均年収などを教えて下さい。

A:下記をご参照ください。

登録者属性(身体障害者・精神障害者)・年収含む


Q:東京での障害者採用は売り手市場ということを聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

A:売り手市場という認識に相違ございません。現在は身体障害者の方のみならず、20代、30代の精神障害者の方でも、優秀な方であれば短期間で複数の内定取得を致します。そう言った意味では、健常者領域同様に採用競争力が問われます。


Q:正社員での募集の方が、契約社員募集よりも応募は多くなりますか。
また障害者求人の場合、正社員スタートと契約社員スタート、どちらの方が多いのでしょうか。

A:年収にもよりますが、正社員求人の方が応募数は多いです。また障害者転職エージェントハッピーでお預かりしている障害者求人の約7割が契約社員スタートです。残りの約3割が正社員求人スタートとなります。


2 ハッピーに対しての質問
Q:障害者転職エージェントハッピーの採用成功実績を教えて下さい。

A:

精神障害者転職・就職支援実績例
身体障害者転職・就職支援実績例


Q:障害者採用を行う会社のメリットは、どういったことが挙げられるでしょうか。

A:就労人口の減少が懸念されている中、障害者の活躍は企業競争力の向上に繋がります。また障害者の方の活躍が、健常者社員の気づきや学びになり、社内の風通しも向上致します。


Q:人事の方が障害者採用に携わることによってのメリットは何ですか。

A:一番のメリットは人事の方ご自身の人材マーケットでの市場価値向上に繋がります。特に就労人口が減っている昨今、障害者採用、ママさんワーカーの採用、外国人採用等のご経験がキャリアアップの礎になってきます。



3 面接前によくある質問
Q:漠然とですが、精神障害者の方の受け入れに不安を感じております。

A:どこの企業様でも同じようなお悩みはございます。実際には定着、活躍をされている精神障害保健福祉手帳をお持ちの方は多数いらっしゃいます。ただ「安定就労」出来る方を採用することが最も大切なことですが、入社後も適切な就労管理・ワークモチベーションのサポートを行えば、健常者の方と変わらず、ご活躍は出来ます。


Q:障害者面接の際、聞いてはいけないことなどはあるのでしょうか。

A:基本的には健常者の面接と変わりません。ただ障害者採用なので、事前に通院日時やご障害に関しての合理的配慮については、ご本人様から正確にお伺いしておくことが必要です。


Q:精神障害保健福祉手帳をお持ちの方への受入時に気をつける事を教えて下さい。

A:個人の方によって必要な合理的配慮が違いますので、一概には言えませんが、適切な合理的配慮、その障害者の方の能力が発揮できる業務切り出し、配属予定部署の皆様と障害者の方との良好な人間関係の構築が必要になってきます。当然、企業努力だけではなく、障害者の方の積極的な社内調和が必要になって来ます。どちらの要素も安定雇用には必要になってきます。


Q:障害者の方が年単位の長期就業を実現させる為に企業側が心掛けることは、どういったことでしょうか。

A:可能であればですが、人事制度は健常者と同じ制度で運用することをお勧め致します。離職やワークモチベーション低下の要因の一つに適切な評価制度の有無がございます。障害者だからということで制限を設けた人事制度・働き方では、ワークモチベーションを上げるにも限界がございます。また公平な人事制度・働き方は、障害者採用にも好影響を与えます。


Q:障害者の方にとって最適な部署や職種はどういった部署や職種になるのでしょうか。

A:避けた方が良い職種の例としては、営業職・販売職・残業の想定されるITエンジニア等です。また配属先として多いのが管理部門(人事、総務、広報、経理、法務)や定型的な業務が中心の事務部門が多いです。



4 入社後によくある質問
Q:社内での一般的な障害開示範囲について教えて下さい。

A:一般的な開示範囲は、人事と配属先の上席を含むメンバーです。但し他部署とのやり取りが頻繁に発生する場合、その部署の方にも共有して頂くことをお勧め致します。障害開示範囲については、障害者の方と話し合いのうえ、深い納得感のもと決定して頂くことをお勧めします。


Q:勤怠の悪い精神障害者の方へはどういうアプローチが適切なのでしょうか。

A:前提、医師からの就労許可が下りていれば、まずは出社できない理由をクリアーにすることが大切です。原因は人間関係なのか、業務に関わることなのか、セルフケアの欠如なのか、問題を明確にしたうえで、改善策を講じて下さい。また特段原因が見当たらない場合、「配慮はするが遠慮はしない」という正しい障害者雇用のもと、適切な指導やコミュニケーションを行って下さい。


Q:追加で障害者採用を考えておりますが、現場が受け入れに対して前向きではないのですが、どうしたら良いでしょうか。

A:そういった場合は「法令遵守」ということをお伝え下さい。法律で一定数の障害者雇用を行う義務が定められており、もし著しい是正が行われない場合、社名公表等の行政処分がございます。こうした事実を従業員の方に周知し、当事者意識を持って頂くことをお勧め致します。


Q:飲み会に、お誘いしても大丈夫でしょうか。

A:はい、問題ございません。但し精神障害保健福祉手帳をお持ちの方は服薬の関係で飲酒が出来ない方が多いです。また業務外での社交は苦手な方が多い為、ランチにお誘いする程度での交流をお勧めさせて頂きます。