成功する強み、弱みの作り方 | 障害者転職エージェント ハッピー

成功する強み、弱みの作り方

強み(長所)について

面接での強みは、あくまでも業務上の強みとなります。

強み(長所)イコール自己PRと同じような概念と捉えて頂いても大丈夫です。
この質問を面接官からされた場合、面接官は転職者が、どの部署・職種で、具体的に活躍してくれそうか、
力を発揮できるか、ということを確認します。

ただ強み(長所)という言葉を使って質問をされると、転職者の性格的な強みについての質問のように聞こえますが、「面接での強み・自己PRは入社後に活かせる業務上のスキル・経験」になります。

面接で強み(長所)を聞かれた際には、過去の経験で身につけてきたスキル・経験を答えるのが基本です。

特に、このような場合で適切な回答はポータブルスキルです。
ポータブルスキルというのは、会社・業界に関係なく活かすことができるスキルです。具体的なポータブルスキルとは、マネジメント力、課題解決力、提案力、問題解決力、柔軟な対応力、ドキュメンテーション作成能力、リーダーシップ等になります。

ポータブルスキルのほか、スキルの分類には「テクニカルスキル」というものがあります。
テクニカルスキルは、職種毎の専門スキルや資格で、「人事労務経験3年」「総務経験3年」「営業事務経験3年」といったように履歴書や職務経歴書に書けるスキルです。

【面接で話す強み(長所)の選び方】


伝え方のポイントは「何が強みなのか」「強みとしてアピールできる根拠となる実績・エピソード」
「強みを入社後にどのように活かせるのか」という3点を順に話していくことが出来ればベストです。

もし3点が厳しければ、「何が強みなのか」「強みとしてアピールできる根拠となる実績・エピソード」の2点だけでも構いません。
強みの伝え方は、他の回答と一緒で「私の強みは○○です」と、結論からシンプルにお伝え下さい。

続いて「売上を○%上げた」「○○で生産性を上げた」「○○」といった強みを活かした具体的なエピソードと、
客観的なエビデンスを交えてお伝えすると、より良いかもしれません。
注意が必要なのは冗長にならないようにするという点です。
回答は2分から3分以内に纏めて下さい。
長過ぎる回答はマイナス評価に繋がります。

事前に簡潔に、そして納得感のあるかたちで、お伝え出来るように準備しましょう。


【強み(長所)を聞かれたときの回答例】
OK例

  • 私の強みはパソコンを使っての事務スキルです。エクセルスキルは中級以上で、ピボットテーブルで大量のデータを効率よく集計・分析することが出来ます。タイピングも150文字/分以上ございます。


  • 私の強みは営業アシスタント歴3年ということです。アシスタントについた営業が業績優秀者として表彰されました。定型業務のみならず、業務フロー改善にも携わることで生産性を110%上げました。


  • 私の強みは深耕営業です。現職では既存の顧客、前年比120%の売り上げを実現しました。御社でも既存顧客毎に新たなアプローチを試みるところで、売り上げ増加に貢献できると考えております。

NG例

  • 誰とも人見知りせず話すこと出来て、社内の雰囲気を明るくします。


  • 体力がありますので、時間担保型の長時間労働も可能です。


  • 責任感が人一倍あり、最後まで与えられた業務は必ずやり遂げます。

弱み(改善点)について

面接官が、「あなたの弱み」は何ですかと聞いてきた場合、単純にあなたの「人間的・性格的に弱いところ」を知りたいわけではありません。どんな人間でも弱みがあることは面接官も理解しております。

この質問の意図・狙いは、自分自身を客観視出来ているか、短所や弱みを把握できているか、具体的に改善が出来ているのか、ということを知りたいのです。すなわち自己洞察力・課題解決力・セルフスターターをアピールする場面だと捉えて下さい。

【面接で話す弱み(改善点)の選び方】


弱み(改善点)は誰にでもあります。

面接官のみならず、社会的な身分が高い方やお金持ちの方でも、どんな方でも弱み(改善点)はあります。
面接での弱み(改善点)の確認意図は、あなたの弱みの追求ではなく、
あくまでも客観的に自分自身を見る力や、そういった内省の働き・姿勢が候補者に一定備わっているかどうかかの確認です。

面接時に話す改善点は、強みと同様にポータブルスキルやテクニカルスキルを中心にお伝え下さい。
自分の理想とするビジネスパーソン、もしくは応募企業で将来的に求められるスキルをイメージしましょう。
そのうえで、現時点の自分に足りていないスキル・経験を改善点(弱み)として設定してみて下さい。

繰り返しますが、改善点は誰にでもあるものですので、
そういった回答の場合、自分自身をモニタリングできていない、 というマイナスな印象を面接官に持たれてしまう可能性がありますので、ご注意下さい。

【改善点(弱み)をアピールする方法】


①どのように改善しているか(行動ベースで)

②その結果前に比べてどう言われるようになったか(どう変化したか?)

短所に上記①②を加えてお話下さい。

OK例

  • 私の弱み(改善点)は、ケアレスミスをしてしまうところです。

    そのため、日常業務においては各業務フローについてリスク管理チェックシートを作っています。チェックシートを見て事前に各業務をチェックするようになったことで、現在、ほとんどケアレスミスはなくなりました。

  • 私の弱み(改善点)は、パソコンの事務処理能力が遅いことです。

    1日100件近いメールの受信やレポート提出業務に手間取り効率が悪かったのですが、毎日手隙の時にタイピングソフトで入力の練習をすることで入力スピードも上がり、現在はオペレーションに追われることはなく余裕を持って業務に取り組めて生産性も上がりました。

  • 私の弱み(改善点)は、稀に他者との意見の相違を受け入れられないことです

    ついつい正論だと思って自身の考えに固執してしまいますが、一旦相手に、ご理解頂けない時は、相手の意見を素早く尊重することに切り替えて良好な関係性を継続するように致します。また変えられるのは自分自身だけで、本質的に他者を変える、ということは困難なことを学びました。

NG例

  • 以前は人見知りでしたが、業務を通じて人見知りがなくなり、コミュニケーション能力が上がりました。

  • 以前は直ぐに困難があると諦めがちでしたが、時間を掛けてコツコツ対応することで困難を克服出来るようになりました。

  • 以前は体力がなく勤怠が安定しなかったのですが、ジムに通うことで体力がつき、勤怠が安定しました。