よくある質問(面接官編) | 障害者転職エージェント ハッピー

よくある質問(面接官編)

よくある質問(面接官編)


どの面接官も知りたいことは同じです。
面接には決まった流れがあります。

面接でよく聞かれる質問を取り上げて
適切な回答方法を紹介します。




面接での3つの原則


① 全体の7割は面接官のお話を傾聴。自分の話は3割くらいに留める。

② 時折頷きながら、相手の表情や目を見ながらコミュニケーションを取る。

③ マニュアル通りに進まないことも認識しつつ、想定外の質問が来ても冷静に対処する。


仕事編


A1分から2分以内にまとめて簡潔にお伝え下さい。


最初は誰でも緊張しますので、なるべく笑顔でゆったりとしたスピードで自己紹介を行って下さい。
口角を上げることだけでも緊張は緩和されますので、事前に鏡の前で笑顔の練習を行うことをお勧め致します。

また転職回数が多い場合は、焦らずに5分前後のお時間を掛けて、お話し頂いても大丈夫です。
大切なことは、つたなくても自分の言葉で、しっかりお伝えすることです。


A一部企業では、面接の際、1社毎の業務詳細確認のお時間を多めに取る企業もございますので、 事前にスムースに話せるよう、各社毎で得た経験・実績・スキルをまとめて実際に声に出しながら本番に備えて下さい。


職務経歴のご説明に限りませんが、面接前の練習結果が面接当日のパフォーマンスに繋がります。
練習すればする程、必ず良い結果に近づきます。



A面接官(第三者)に深い納得感を持ってもらえるような転職理由をお伝え下さい。


前提、感情的な前職・現職批判はNGです。
そして、あなたを採用することでの企業側のメリット(動機付け)の説明、
面接官があなたとご一緒に働きたいと思ってもらえるような対面印象、このふたつが必要になります。

いくら論理的に素晴らしいお話をして頂いても面接官の心に届かない内容では、内定は取れません。
またお召し物、言葉遣い、マナー等のエチケット面の欠如も減点対象になりますので、ご注意下さい。

参照:転職理由の作り方(障害者転職エージェントハッピーHPより)

Aなぜ当該企業に応募するのか、具体的に深掘りされても大丈夫なように事前準備して下さい。


障害者採用でも健常者採用でも面接の場での面接官の目的は同じで、
候補者が入社後に活躍出来るイメージを持てるか、長期就業出来るイメージを持てるか、このふたつを確認します。

逆に書類選考を通過して面接でふたつのポイントを的確にアピール出来れば、内定はスムースに取れます。

当然、面接当日は緊張すると思いますが、目の前の面接官から発せられる言葉に集中して、
適切な回答を行えば自ずと吉報は、あなたの手元に届きます。

参照:志望理由の作り方(障害者転職エージェントハッピーHPより)

A即戦力人材として判断して頂けるように、すぐに活かせる経験・スキルを簡潔にお伝え下さい。


障害者採用とは言え、一戦力としての中途採用です。
当然、合理的配慮のもと一定の賃金を頂くわけですから、入社後直ぐにら会社の売上に直接的もしくは間接的に貢献できる経験、スキルを具体的に面接官へお伝え下さい。
その求職者の回答に再現性があり、面接官が就業イメージ、活躍イメージを持てれば、面接は必ず合格します。

A誰にでもある失敗エピソードを、どのように前向きに活かしたのか事前準備下さい。


失敗(エラー)をしない人間はおりません。
面接官は、あなたの失敗の追求をしたいのではなく、
あなたが、その失敗をどのように捉え、どのように「学び」に繋げてきたのか、というエピソードを聞きたいだけです。

くどいですが、面接官も含めて、どんな人間でも失敗(エラー)はします。
その経験から得たフィードバック(改善点)をビジネスパーソンとして、どう活かしてきたのか、
ということが、この質問の意図になります。


A応募する企業の主力商品やサービスについて調べると思いますが、事前調査するまで知らなかった場合、素直に事実をお伝えして頂いて大丈夫です。


応募するまで知らなかった場合、それを知ってどんな印象を持ったのかをつたなくても、ご自身の言葉で素直にお伝えすることが大切です。
万一虚偽で以前から知っていたかのような回答や態度ですと、百戦錬磨の面接官だと厳しい結果になることもあります。

もし以前から知っていた場合、あなたが利用した結果、どんな印象を持ったのか前向きなフィードバックを面接官へお伝え頂くことで自社製品・サービスへのロイヤリティー(忠誠心)を表現することになり、評価は上がります。

但し面接の場での具体的な改善案の言及などは、出過ぎた印象を持たれる可能性がございますので、
適切な範囲内でご回答は留めて下さい。


Aこの質問の意図は、どんな会社を受けているか、という問題ではありません。


求職者の指向性の確認、もしくは、あなたを採用したいという意向が強い企業は、
自社採用を優位に進める為、情報収集の一貫として事前にお伺いすることがございます。
しかし、障害者採用の場合、健常者領域と違い求人数も限られておりますので、 業界を超えて障害者転職活動を行うのが一般的です。

ですから、このような質問を受けた場合、具体的な社名を挙げる必要はなく、
もし面接を受けている企業があれば、業界や企業に共通点があれば、その旨をお伝えするだけで大丈夫です。

特段、共通点がなければ、転職決定要素(転職先を選ぶ基準)のみ、お伝え下さい。


A皆様何らかしらの願望実現もしくは不平・不満があって転職活動をしておりますので、今回の転職での優先順位、例えば給与、ワークライフバランス(働き方)、キャリアアップ、合理的配慮等を明確にお伝え下さい。


一部障害者の方で、こういったご自身のご希望を面接官にお伝えすることに抵抗感を感じる方もおりますが、
100%とまで行かなくても、少しでも今までのお仕事を頑張ってきたお気持ちがあれば、物怖じせず、面接官へお伝え下さい。

ご自身の明るい未来をご自身の言葉で面接官にお伝えすることが、明るい未来への一歩に繋がります。


A希望する職種に着任することで、あなたが会社にどんなメリットをもたらすか?という視点でお伝え下さい。


未経験者であれば、意欲を交えて志望理由を明確にお伝え下さい。
併せて希望職種に着任する為、日頃勉強、準備していること、適性理由をお伝え下さい。

経験者の場合、既にお持ちの経験、実績、スキル等をお伝えて下さい。
さらに今後伸ばして行きたいところを面接官へお伝えして頂くことで、面接官の納得感が醸成されます。


A面接官に聞かれた場合、希望年収をご回答下さい。


もし面接官に希望年収を聞かれない場合、積極的に金額は、お伝えしないで下さい。
年収に関しては、候補者様に変わって障害者転職エージェントハッピーが全力で代理交渉致します。


A非現実的な入社日は面接官へお伝えしないで下さい。


最終面接で、面接官から「もし、ご縁があった場合、いつから就業開始できそうですか?」というご質問に対して、
「早く入社できた方が印象は良いだろう。」という考えのもと、非現実的な入社日をお伝えしないで下さい。

特に現職中の方は入社日に関しては、就業規則、引き継ぎ期間などを鑑みて、
「現実的な入社日」と「交渉や努力次第で可能性のある最短の入社日」の両日程をお伝えしましょう。

現職中の方でも内定取得後、
2ヶ月前後が平均的な入社までのリードタイムになります。

障害者領域では個人の事情にもよりますが、3ヶ月以上の期間を要しての入社は稀で、
企業様の立場からすると、本当に入社して頂けるのかという不安なお気持ちになってしまいます。

勿論、現職には社会人としての義理は果たすべきですが、
既に新天地が決まっている場合、新たな居場所での投資にお時間を使って頂くことをお勧め致します。


A短期的な視点、長期的な視点2軸でお伝え下さい。


この2軸をお伝えすることで、企業側は、その場限りの障害者転職ではなく、
長期的な視点であなたが定着、活躍してくれるのではないか、という前向きなイメージを持てます。

一方で求職者の本音として、数年後の状況は分からないことも理解出来ますが、
普段から将来への良いイメージを持つことで、より願望実現に近づきますので、
数年後のイメージを膨らませて面接に臨んで下さい。



障害編(共通:身体障害・精神障害)


A障害名・具体的な症状をお伝え下さい。


企業によっては、手帳等級数の確認などについても細かく確認を行うこともございます。


A現在の障害状況を受傷時/罹患時と比べて、面接官へ分かりやすくお伝え下さい。


その際、大切なことは、面接官は医師ではないので、
出来るだけ専門用語は避けて、分かりやすい言葉で説明して頂くことをお勧め致します。


A先天的か後天的なものなのか、どのような背景で受傷/罹患に至ったのかをお伝え下さい。


思い出すだけでも辛いことかも知れませんが、
その状況から転職活動が出来るまで回復出来た事実をもとに、面接官へ簡潔にお伝え下さい。


A将来的にどのような症状になる可能性があるのか、医師の見解をもとにお伝え下さい。


健常者でも障害者でも現実の世界では、将来どうなるのかわからないのが事実ですが、
もし現時点で分かることがあれば、 事前に面接官にお伝えして頂くことで、あなたの信頼度は上がります。


A受け入れ企業は、予め書類選考時にファシリティー面や様々な社内事情を鑑みて、慎重に受け入れ可否を判断してから皆様を面接に招きします。


面接では入社後のミスマッチを防ぐ為、より具体的な合理的配慮の擦り合わせします。
例えば、通院頻度、体調不良時の対処法、体調を維持するうえで実践しているセルフケアなどを具体的にお伝え下さい。
また業務上の希望配慮はソフト面(周囲の理解)とハード面(装置、設備)の両方をお伝え下さい。


A一般的な開示範囲は、人事、配属先上席、配属部署メンバーということが多いです。

障害開示範囲については、個別性が高いセンシティブな情報ですので、企業様と慎重に相談のうえ決定下さい。


A安全配慮の観点で必要になってくる情報ですので、体調不良時の対処法についてお伝え下さい。


この質問は、企業として障害者の方の安心、安全を守る為の事前理解のひとつです。


Aストレス発散やリフレッシュの為に取り組んでいることを、お伝え下さい。


面接官は、内容ではなく、主体的に心身の健康維持に取り組んでいるかどうかという姿勢を見ております。
手帳保持者の長期就業実現には、行き届いたセルフケアの重要性が高い為、このような質問がございます。


A通院頻度、通院時の休暇取得内容(例/終日、半休)、おおよその通院日の出社時刻、退社時刻などをお伝え下さい。


通院頻度は個別性が高いものですので、入社前に人事としても正確な情報回収を行い、
配属予定部署へ共有したいお気持ちがございますので、ご協力をよろしくお願い致します。